×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


バイトでの面接などについて

違う仕事にアルバイトするのは難しいと考えている人が多いですが、実態はどうなのでしょうか?結論をいうなら、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。経験者と未経験者の2名がいた場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。ただ、確実に無理というわけではないので、努力の仕方によっては異業種にアルバイトできるかもしれません。

アルバイトしようとする場合に社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。アルバイト活動をしていこうという方針を持つ人にもお勧めできる資格です。社会保険労務士という資格を持っていると、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。アルバイト採用後にお祝い金を貰うことの出来るアルバイト採用サービスなんかもあります。それが理由で、利用するアルバイト採用サービスを決める方も少なくありません。おんなじようなアルバイト採用サービスであるなら、お祝い金がもらえた方が良いですよね。しかし、もらえるお祝い金の額はトータルで考え、自身に合った有利なアルバイト採用サービスを選ぶようにした方がいいでしょう。

アルバイトしたい理由は書類選考や面接において非常に重要視されます。相手に納得してもらう理由でない場合低い評価になってしまうでしょう。ところが、アルバイトする理由を聞かれても上手に言えない方も大半の人が履歴書に記入する際や面接で答える際に、このアルバイト理由が苦労の元となります。目先のことにとらわれて、年収よりも採用されることを優先して仕事を選択しがちです。その結果、以前よりも収入が減ってしまう事があります。アルバイトしたのか、わからなくなってしまうかもしれません。年収アップにこだわるのであれば、じっくりと仕事を探してください。履歴書の書き方がよくわからない人もいるでしょうが、近年では、ネットで探すと、履歴書の記載方法の模範なども載っているので、参考材料にして、履歴書を書かれてみるのもいいでしょう。ただし、丸写しはよくないことです。相手企業にアピールできる記述方法を

専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格が有利に働くという点では、やっぱり、国家資格が有利でしょう。それと、建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と称される、その資格を所有していないと実際に働けないという仕事がたくさんあるため、狙いやすくなっているかもしれません。お給料アップを目指してアルバイト希望の方も多くおられることでしょう。確かに仕事を変わることでお給料が増えることもあると思います。ただ、給料がダウンしてしまう可能性も否定できないことを十分理解しておく必要があります。年収アップを見込むには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが重要なポイントとなります。アルバイトするなら、不動産業界にしようと思っている方は、宅建主任者資格を取られることが必要となります。宅建主任者資格保持者でないと、会社によって採用を見合わせる場合もあるようです。業務内容によって必要な資格が変わりますから、業種にあわせた資格をアルバイト前に取っておくことも良い方法だといえるかもしれません。

アルバイト活動を一人きりで進めるのは、精神的にキツイことも多いです。アルバイト先がなかなか決まらないと、どう進めて行ったら良いのか、分からなくなることもあります。その点、人材紹介会社では、自分の条件にマッチする応募先を紹介してくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。

このページの先頭へ